The Dark Knight (2008) / ダークナイト

『ダークナイト』(原題: The Dark Knight)は、2008年のアメリカ・イギリス共作映画。監督はクリストファー・ノーラン、主演はクリスチャン・ベール。

DCコミックスの出版するアメリカン・コミック『バットマン』を原作とした実写映画作品。「ダークナイト・トリロジー(Dark Knight Trilogy)」の第2作目。

第81回アカデミー賞助演男優賞、撮影賞、美術賞、メイクアップ賞、視覚効果賞、音響編集賞、編集賞ノミネート。助演男優賞、音響編集賞受賞。

 ・ amazon : The Dark Knight (2008) / ダークナイト

 ・ Youtube : The Dark Knight (2008) / ダークナイト

 ・ Hulu : The Dark Knight (2008) / ダークナイト

The Dark Knight (2008) / ダークナイトのあらすじ

道化師のマスクを被った犯罪者の一団がゴッサム・シティ銀行を襲うが、一団は互いに裏切りあって最後の一人になるまで殺し合う。生き残った男はジョーカー(ヒース・レジャー)であり、銀行に預けられていたマフィアの資金を奪って逃走する。

ブルース・ウェインことバットマン(ヒース・レジャー)、地方検事のハービー・デント(アーロン・エッカート)、ゴッサム市警のジム・ゴードン(ゲイリー・オールドマン)の三人は、ゴッサムから組織犯罪を無くすため活動していた。ブルースはハービーの理想に感銘を受け、彼のキャリアをサポートする一方、堂々と悪と戦うハービーこそがゴッサムの求める真のヒーローであると考え、バットマンの引退を考えていた。ブルースは幼なじみで検事のレイチェル・ドーズ(マギー・ギレンホール)に想いを寄せているが、レイチェルの気持ちはブルースとハービーの間で揺れていた。

マフィアたちが集まり、サルバトーレ・マローニ、ギャンボル、チェチェン人ボス、会計士のラウが会議を始める。ラウは自身に危険が及ぶのを察知して香港に逃亡したためテレビ通話で参加したが、会議にジョーカーが現れ、バットマンは法律によって妨げられないことを警告する。ジョーカーはマフィアの資金の半分と引き換えにバットマンを殺す事を提案する。ギャンボルはジョーカーの態度に腹を立て、懸賞金をかける。しかし、会議後に彼はジョーカーによって殺されてしまい、ジョーカーが彼の組織を引き継ぐ。最終的にマフィアはジョーカーの提案を受け入れる。

バットマンはラウを香港で見つけ、マフィアに不利な証言をさせるために彼をゴッサムに連れ帰り、警察はラウの証言から多くのマフィアを逮捕する。しかし、ジョーカーはテレビを通じてバットマンが正体を明らかにしない限り、人々を殺し続けると脅迫する。バットマンの仮装をした男の死体をビルから晒し、警察本部長のジリアン・ローブ、裁判長、ハービーの殺害を示唆する。ローブ、裁判長の二人が殺され、ジョーカーがブルースがハービーのために開いたパーティー会場にやってくる。ブルースはバットマンとなり、ジョーカーに突き落とされたレイチェルを救う。ジョーカーは次に市長のアンソニー・ガルシアの殺害を暗示。ローブの葬儀パレードでジョーカーはガルシアを殺そうとするが、ゴードンが暗殺を阻止すると同時に犠牲になる。

追い詰められたブルースは、これ以上の犠牲者を出さないためにハービーの会見で正体を明らかにする事を決めるが、ハービーは自分がバットマンだと発表する。ハービーは警察に連行される事になるが、ジョーカーが現れて護送する輸送隊を攻撃する。ハービーを救出するためにバットマンが駆けつけ、死を装っていたゴードンによりジョーカーは逮捕され、作戦の立役者としてゴードンは本部長に昇進する。レイチェルとハービーはマイケル・ワーツ刑事とアンナ・ラミレス刑事に付き添われる。

バットマンはジョーカーを尋問するが、彼からレイチェルとハービーの二人が誘拐され、ガソリンタンクと爆弾が詰められた別々の場所で窮地に陥っている事を聞かされる。ゴードンはハービーの救出に向かい、バットマンはレイチェルを救うために建物に急行するが、そこに捕らわれていたのはハービーで、ジョーカーが逆の監禁場所を教えていたと理解する。バットマンはハービーを倉庫から連れ出そうとするが、両方の建物が爆発してレイチェルは死に、脱出したハービーも顔の半分を火傷で損なう。ジョーカーは捕まった仲間の腹に詰め込んでいた爆弾を爆破し、警察署に留置されていたラウを連れて逃亡する。ジョーカーは受け取った資金とラウを燃やし、チェチェン人ボスを殺害する。

ウェイン産業の会計士であるコーマン・リース(ジョシュア・ハート)は、ブルースがバットマンであると推測し、ルーシャス・フォックスを脅して金をせしめようと画策するが、彼の言葉から報復を恐れて取り止める。リースは、今度はメディアを通じて情報を公開しようとするが、ジョーカーは自身の計画に干渉されたくないため、リースを殺さない限り病院を爆破すると脅迫する。そこでゴードンはゴッサムのすべての病院の避難を命じてリースを確保する。素顔のウェインは、ワゴンで護送中のリース会計士に対するトラックによる体当たり攻撃を、自らのランボルギーニ・ムルシエラゴLP640を間にねじ込むことによって阻止する。

ジョーカーはハービーのレイチェルの死に対する復讐心から彼の行動を操る。そして、ジョーカーは病院を爆破して人質を乗せたバスで逃亡する。ハービーはコイントスに基づき、レイチェルの死に対して責任があるとみなす人々を対象にした大量殺人を開始する。コイントスにより自身を誘拐したワーツは死に、レイチェルを誘拐したラミレスは助かる。ハービーはマローニを殺さなかったものの、代わりに車のドライバーを撃ち、彼を殺した。

ジョーカーは人質にしたテレビスタッフに中継を強要してゴッサムの市民に向けてゲームの参加を呼びかけ、参加したくなければ街を出ていくよう主張する。警察は橋に爆弾を仕掛けたというジョーカーの言葉からフェリーを用意する。ジョーカーは2隻のフェリーに爆薬を積み込む。一般人が乗る船と囚人が乗る船にジョーカーから連絡が入り、12時に両方のフェリーを吹き飛ばすが、お互いにスイッチを持たせたため、どちらかを爆破させれば助かると言う。バットマンは都市をスパイするソナー装置でジョーカーを見つける。フェリーに乗る両者は互いを殺すことを拒否する。そして、戦いの後にバットマンはジョーカーを逮捕する。ジョーカーは警察に捕らえられる前に、ゴッサムを絶望させる切り札はハービーであることを明かす。

ゴードンとバットマンはレイチェルが死んだ建物に到着する。そこで、ハービーはコイントスによって自身、ゴードン、バットマンの運命を試そうとする。彼はバットマンを撃ち、ゴードンの息子を殺そうとする。バットマンはコインを弾く隙を突いてハービーに組み付き、ゴードンの息子を救ったが、バットマンと高所から共に落下したハービーは死亡する。バットマンはハービーの行動が公になればゴッサムの市民が希望を失うため、その罪を被る。それによって、警察はバットマンの本格的な捜査を開始し、ゴードンはバットマンとの決別の為、バット・シグナルを破壊する。

ゴードンの息子がバットマンは何も悪い事をしていないと言うと、ゴードンは「彼はヒーローじゃない。沈黙の守護者。我々の監視者。闇の騎士(ダークナイト)だ」と告げて物語は終わる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. The Dark Knight Rises (2012) / ダークナイト ライジング

  2. Batman Begins (2005) / バットマン ビギンズ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。